フレッツ光の転用についてわかりやすく説明

転用とは?わかりやすく解説 (NTTフレッツ光)

2015年度に開始した「光コラボ」。これと言うのは通信回線の光回線を扱っているNTTが既存仲介業者を介しての直接販売から、
仲介業者からの再販スタイルへの移行と言えます。このことより今まで以上に通信回線インターネットに纏わる電話セールスも増加して来るはずです。
魅力ですよ!と宣伝打ってくるかと考えられますが、これってマジでお買得なと言えるのでしょうか?

 

光コラボ(転用)を利用する場合では入念にこのアドバンテージ、ウィークポイントや運用する懸念を見逃してはならないと考えます。

 

光コラボレーションとは?

 

日本国内においての光回線インターネットの最大規模店先NTT。
そのNTTが運営するフレッツ光回線インターネットはかつてはNTTが元となる直接販売スタイル(仲介業者取り引き含む)でありました。

 

日本全国の光回線インターネット浸透率は世界ナンバーワンと称されており、NTTグループのNTT東日本・NTT西日本はこれまで、光ブロードバンド事業で自社運営してきたのです。これこそが大勢の人たちが認識されている『フレッツ光回線』なのです。
取り引きや契約を結ぶ所はNTTやこの仲介業者なのですが、リアルで光回線インターネットのプランを供給する所はNTT東西になります。

 

そういうわけで、加入後のサポート、通信回線提供はNTT東西というわけです。

 

光コラボレーションがスタートした理由

 

方や光コラボはフレッツ光回線インターネットを各プロバイダにNTTが卸すというスタイルに変わります。
そのうえでこの各プロバイダがユーザーと光回線インターネットサービスにあたってそのまま申し込みされるのです。

 

ここ数年携帯ツール通信回線のハイスピード化やスマホの一般化が勢いを増しているからこそ、お家でインターネットを満喫するユーザーが少なくなり、
入会の数が振るわなくなってるのです。スマートフォンがあるのなら構わないから自宅に通信回線を導入する必要性が見当たらないと感じているユーザーが数多くいらっしゃる証なんです。

 

そういうわけでNTT東西は光回線インターネットの行き渡らせるが為に、色々な会社に提携を依頼するやり方で実質的に、フレッツ光回線の卸販売をスタートしたのです。

 

このところTVなんかでもド派手に宣伝している「ドコモ光線」や「ソフトバンク光回線」なんかはその光コラボを利用してのプランになります。
更には、それら以外にもインターネット関連会社ではない会社も色々と参戦していて、数十という法人が光回線インターネット事業に加わっているのです。

 

 

フレッツ光回線をレンタル

 

光コラボレーションサービス企業がオリジナルで光通信回線の保有者であるわけではないです。
NTT東西から光回線をリースしているに他なりません。

 

卸売市場の野菜と似たようなもので、農家がダイレクトセールスしないで、入荷店が農家からひとまず仕入れ、
八百屋で問い合わせてきた人に明け渡すイメージです。合間に一社入り込んだと認識してもらってOKだと思います。

 

 

 

 

 

 

関連ページ

NTTフレッツ光から転用承諾番号を取得する方法
いざ、フレッツ光回線から他の光コラボレーションの プロバイダに転用したいと思ったら、NTTから転用承諾番号というものが取得しないといけません。 このページでは、その転用承諾番号の取得方法を紹介してます。
転用承諾番号の再取得の手順
フレッツ光から光コラボレーションの転用の際、 転用承諾番号を取得する必要があるわけですが、 仮に、それを紛失した場合には、再取得することが可能です。ここでは、転用承諾番号を再取得する手順をご紹介します。