フレッツ光の転用の一連の流れ

フレッツ光回線から光コラボ転用までの手順と重要ポイントを親切丁寧にご説明

フレッツ光回線コラボがスタートし光回線インターネットにも数多いラインナップが現れました。

 

自分も従来フレッツ光回線(西日本)を使ってきたがフレッツ光回線から光コラボへの転用は大きい違約金なんかも強いられそうになかったから依頼してみることにしたんです。

 

そういうわけでこの記事では転用の手順や覚えておきたい点というものを載せておくことにします。

 

 

フレッツ光をご利用のユーザーは一回くらいは「転用」といったフレーズを聞いた経験があるかも知れません。

 

転用と言われているのは、フレッツ光から他プロバイダ業者の「光コラボレーション」に切り換える行為を言い表します。
フレッツ光をご利用のユーザーのほとんどは転用した方が毎月の通信費は下がるから、幾つものロケーションで転用が推奨されているわけです。

 

 

けれども、「転用したらどのような利点があるのか」「光コラボレーションとは果たして何なのか」をバッチリ理解していなければ、決心のしようがないと感じます。

 

 

こちらのページでは、

 

  • 転用って果たして何であるか
  • どんな良い所・悪い所があるか

 

という2点をわかりやすくご説明して行くつもりです。
ただ今フレッツ光をご利用のユーザーは、頭に入れていなければ実に勿体無い情報を盛り込んでますから、必ず1回目を通してみて下さいね。

 

 

 

転用とは

転用と呼んでいるのはフレッツ光回線から「光コラボレーション」に切り換えることを示します。

 

「光コラボレーション」といった何だろう?

光コラボレーションは2015年度にスタートした、フレッツ光インターネットが元の他プロバイダ業者事業になります。
光コラボレーションには次にあげるようなものが存在します。

 

 

 

ドコモ光回線
ソフトバンク光回線
OCN光回線
BIGLOBE光回線
so-net光回線
等々…

 

 

 

こういった会社は光通信回線を持ち合わせているわけじゃないから、フレッツ光通信回線の力で事業をしています。
それと引き換えに光コラボレーション会社は、フレッツ光に収入の一部を「通信回線の賃料」という立場で納入しているわけです。

 

 

 

インターネットの通信スピードはフレッツ光と完全に同等

 

先程申し上げたとおり、光コラボレーションはフレッツ光回線を用いた通信回線事業になります。

 

能力的に準備している通信回線が一緒ですから、伝送速度はフレッツ光と完全に変わらなくなるのです。

 

 

用いる回線そのものは完全に一緒ですからフレッツ光回線から転用するか否かの分かれ目はただ一つ。
「現在より安く済むか否か」という1点だけをポイントに見極めればOKなのです。

 

 

 

転用した方がストレートにお得になる

フレッツ光回線をご利用のユーザーの90パーセント以上は転用した方がお得になります。
すなわちほぼすべてのユーザーは、転用をしなければマイナスを被っているという事になるのですね。

 

NTTが「光コラボレーション」といったシステムの事業をスタートさせた理由は、フレッツ光よりお手頃なプランを供給できる状況にするのが理由です。
フレッツ光である方が安あがりなのであれば、ハナから光コラボレーションというシステムを開発した価値がありませんから。

 

そういうわけで転用は一刻も早く行わないと実損だという考えで構いません。

 

 

 

 

転用すると安くてすむ3つの要因

 

ここでどうしてフレッツ光回線から光コラボレーションに転用しておくと毎月のインターネット費が割安になるのか、この3つの要因をご説明していきましょう。

 

 

ベース使用料はフレッツ光より1,000円〜安くなる

 

光コラボレーションの系統は知る人ぞ知るものまでも加えると数百もの数量となって、
各々で価格に開きはあるわけですが、さしあたって「フレッツ光より毎月1,000円〜割安になる」というおおよその認識を持っていて構いません。

 

どんな理由で光コラボレーションである方が格安なのかというと、「通信回線とプロバイダーを一括で加入できる」ことが理由です。
知っているかと思うのですが、フレッツ光回線を利用するときには、NTTフレッツ光とプロバイダの2つの会社に加入し、決済をしないと無理なのです。

 

 

トータルで、

 

戸建て住宅のユーザーは月々6,000〜7,000円
集合住宅のユーザーは月々4,500〜6,000円

 

くらいの通信代を収めているはずです。

 

 

光コラボレーションは通信回線とプロバイダーをまとめて管理することによって費用を下げ、安い値段で活用できるというシステムなのです。

 

 

そういうわけでプロバイダー込みであっても

 

戸建て住宅で5,100円
集合住宅で3,800円

 

というものが光コラボレーションの一般的な通信代になります。

 

そんなわけですからめちゃめちゃ安価なプランを利用して無いのなら、光コラボレーションに転用した方がお得になります。

 

 

オンリーワンのディスカウントでなお一層オトク(スマートホンまとめ割引き等)

 

フレッツ光から転用する良いところは基本通信代の低料金のほかにもあります。
光コラボレーションが各自で実施している「まとめ割」を活用することで、毎月の費用を格段に安くする事が実現可能です。

 

とりわけ有名スマートフォン企業(ドコモ・ソフトバンク・au)のまとめ割引きは、割り引き金額がでっかいから人気はバツグンによく、
利用しようとする人も飛躍的に増加し続けております。
(現状でもはや、ドコモ光回線:300万加入、auひかり:200万加入、ソフトバンク光回線190万加入を各クリア)

 

有名3キャリアのまとめ割引きでは、スマートフォンの申し込みプランに応じて、500〜2,000円の値下げをしてもらえます。
おまけにその値下げは家族ぐるみ(離れて生活しているとしても可)が対象だから、ファミリーみんなでの通信料金は格段に割安になると言えます。

 

 

こういったように身内各自がスマートホン料金の値下げを享受できるから、ご家庭全般のスマフォ料金が格段に安くなります。

 

他にも通信回線料金本体も、フレッツ光と比較して1,000円を超えてお得なので、御一家トータルのインターネット料金はより一層安くなりますね。

 

だからこそとりわけまとめ割引きが備わっている企業のスマートホンをご使用のユーザーは、
とにかく絶対転用しなければマイナスが出ていることだと言って間違いありません。

 

 

加入した時の現金払い戻しがでかい

 

光コラボレーションプロバイダに応じて違いがありますが、転用ケースで高価な現金払い戻しをゲットできるのも大きいベネフィットの1つです。

 

とりわけ有名3スマホ会社は資本力でダントツの強さの持ち主であるから、加入した時の現金払い戻しもものすごく大きい金額。
毎月の費用が押さえられているだけではなくて、転用さえすれば現金払い戻しを手にできるから、利用しようとする人は一気に増している状況です。

 

 

工事費が無料だから、転用にお金は取られない

 

こうなってしまうと転用に要するお金が気掛かりな所ですが、それに関しても困惑は皆無です。

 

はじめの方でご説明したみたいに、フレッツ光と光コラボレーションは、環境的に完全に同一の機具を採用しています。
でして現時点フレッツ光を利用していますユーザーは工事を行なう必要がありません。

 

 

工事がありませんからもちろん工事費も0円。

 

 

ついでに、転用のケースではフレッツ光の解約金もなくなります。
普通だと制約日数を満了しなければ違約金がもたらされるフレッツ光ではあるのですが、転用のケースのみ、
違約金停止というシステムなのです。

 

 

工事費もフレッツ光の解約金も皆無なのだから、光コラボレーションをスタートさせる上でのスタート出費は無し。

 

転用を伴う出費は存在しないという結果となるのですね。

 

 

 

フレッツ光から転用する3つの問題点

 

同一の使用回線を加入していながら、フレッツ光と比較すると断然格安で使用可能な光コラボレーション。
利点が途方もなく大きいから転用するユーザーもたちまち増大し続けてます。

 

かと言って問題点が全くないわけではありませんから、転用をしようか考え中のユーザーは、
コチラで説明するマイナスポイントも頭に入れてから考えて下さいね。

 

訪問・電話営業のトラブル

 

トラブルが多いことが転用時の問題点の1つです。

 

しかし、これについては「訪問販売や電話セールスのセールスマンから申し込まない」というそのポイントだけ用心しておくことで防ぐことができます。

 

転用で問題に見舞われているのは、訪問販売や電話セールス販売を行っている販売会社からの成約が多いです。
こういった会社は

 

  • 仲介業者なのに、NTTフレッツ光の従業員を利用する
  • 了承なく知らない間に転用申し込みを進める
  • 絶対に転用しなければNGといった勧め方をおこなう
  • 現金払い戻しを給付してもらえない

 

等々、多くの問題につながってるのです。

 

これはNTTフレッツ光から手が離れた仲介業者の仲介業者の仲介業者(3次、4次仲介業者)に、劣悪な業者が増大しているためです。
今ではそういった会社を気に掛けるように国民生活センターからの警告が生じています。

 

 

そういった会社が断わりもなく暴走行なっているだけだから、正当な会社から申し込みしていけば全くリスクもないのです。

 

いの一番に、訪問販売営業や電話セールスマンから通信回線を申し込んではダメというのを心がければOKです。

 

 

 

転用したらフレッツ光に戻せない

 

フレッツ光から光コラボレーションに転用すれば、フレッツ光に戻せないというウィークポイントが存在します。
フレッツ光をもう一回使いたいとなったケースは、一旦会員登録を抹消して、新たにフレッツ光を申込みしなおさなくてはいけないのです。

 

新しい契約をする事は良いですが、光コラボレーションの拘束日数が残存しているケースでは違約収めなくてはいけなくなります。

 

だけど、光コラボレーションからフレッツ光に復旧するというユーザーはそうそうはいないです。
光コラボレーション販売開始から、フレッツ光は1社のみ料金が割高な光回線インターネットに陥ってしまっていますから、
戻すという決定は現実性がありません。

 

切りかえるにせよ光コラボレーションから、他プロバイダ業者の光コラボレーションという決断になりますから、
この部分はそれほど考えなくて良いと思います。

 

 

インターネットスピードは遅延する?

 

フレッツ光から転用したことで、インターネットスピード遅延するのじゃないかと案じているユーザーもおられると思います。
正直に言いますと、転用してインターネットのスピードが下落する恐れは存在します。

 

なぜかというと、通信回線のインターネットスピードは「通信回線」と「プロバイダ」の2ポイントで決定するからなんです。

 

光コラボレーションは同一のフレッツ光通信回線を採用するから、「インターネットの通信スピード」は全く変わりません。
しかし、転用に伴う「プロバイダ」を乗り換えたとなったら、そこの所が元でインターネットのスピードが変わる恐れがあります。

 

 

どうしてプロバイダーを乗り換えるとスピードも影響されるの?

 

なぜプロバイダーを切り換えるとインターネットのスピードが一変するのかをササっと解説しておくことにしましょう。

 

プロバイダーという呼び方はご存知の人もかなりいるでしょうが、わかりやすく何のことを意味するのかを解説できる人は多くはないのではありませんか。

 

これについては通信回線をハイウェイに置き換えて、下記のふうに想像すればイメージを描きやすいです。

 

 

 

通信回線=ストリート
プロバイダー=料金所

 

 

通信回線はストリートそのものなのです。
光通信回線の「マキシマムスピード1Gbps」なんてのは、道路上で言うところの上限スピードと言えます。
すなわち時速100キロで走行して構わないストリートという意味ですね。

 

プロバイダーは有料道路で言う、インターチェンジや料金所と言えます。
プロバイダーは分岐点であるので、私達の家に達するまでのストリート(通信回線)に異動する時に使用するもんですね。

 

そこで、プロバイダーに影響されるスピード落ち込みの意味が把握できます。
有料道路のインターチェンジと同様で、ユーザーの数が増えると、その場所で道路渋滞が発生してしまいます。

 

道路上がどんなに空いていたとしても、この場所で大混雑を招き、この先に進めなくなるんですね。

 

通信回線のケースでも同様で、インターネットがどれほど好条件であっても、プロバイダーで混み合うと伝送速度が鈍くなるわけなんですよ。

 

 

 

転用時は「プロバイダー」に注意して選ぼう

 

光コラボレーションに転用するケースでは、プロバイダーによるスピード落ち込みケースがあります。

 

従いまして転用する時は次なる2点に意識してインターネットを選択するのが間違いがないカギになります。

 

 

 

  • プロバイダーを何箇所か利用できる
  • 人の集まりが多くないプロバイダーである

 

以上の2つに1つにフィットした光コラボレーションをチョイスしたら、フレッツ光からのスピードダウンを気にしなくてよくなります。

 

 

 

 

 

 

 

フレッツ光からの転用の大まかな手続き

 

 

転用承諾番号は再取得出来る?転用承諾番号の再発行に関しては、転用が取引完了する前の段階だったら、転用承諾番号を再取得し、今の転用承諾番号を無効化して、転用工事が達成できない状態にする事が可能になります。.再度発行すればひとつ前の情報は無効に入手した転用承諾番号の撤回は困難ですが、15日間の適応期間に達したケースや、同じ通信回線につき再び転用承諾番号が付与されたケースでは無効となる事が、NTTから案内されております。転用承諾発行は工事までの間隔であるのなら何回でも再取得が可能だと言えます。しかし覚えておきたい点としまして再取得したのなら、今までに発行した転用承諾番号は無効になってしまうからお気を...
フレッツ光回線より光コラボレーションへ転用する事は、工事もなしでTEL番号も変わらないで、非常にお手軽な訳ですが、お客さんサイドで1つだけわずらわしいことが転用承諾番号をもらうこととなります。その転用承諾番号なき場合は、費用面で本当に安あがりな光コラボレーションへ転用が行なえません。更には、劣悪な売り込みコール等によって、巧妙にフレッツ光回線の入会者データを聞き出されて、知らぬ間に転用承諾番号を奪取され、いつの間にか光コラボレーションへ転用してしまうという被害も数多く存在すると聞きます。この記事では、光コラボレーションへの転用のポイントとなる転用承諾番号に関し解説さしあげます。
2015年度に開始した「光コラボ」。これと言うのは通信回線の光回線を扱っているNTTが既存仲介業者を介しての直接販売から、仲介業者からの再販スタイルへの移行と言えます。このことより今まで以上に通信回線インターネットに纏わる電話セールスも増加して来るはずです。魅力ですよ!と宣伝打ってくるかと考えられますが、これってマジでお買得なと言えるのでしょうか?光コラボ(転用)を利用する場合では入念にこのアドバンテージ、ウィークポイントや運用する懸念を見逃してはならないと考えます。光コラボレーションとは?日本国内においての光回線インターネットの最大規模店先NTT。そのNTTが運営するフレッツ光回線インターネ...