フレッツ光の転用プロバイダ・So-net光

So-net光(フレッツ光の転用のプロバイダ)

フレッツ光,転用,So-net光,光コラボレーション

 

NTT東日本、西日本のフレッツ光に入会しているユーザーは多いです。
そのうちSo-net光コラボよく言うSo-net光コラボレーションの転用に登録しようと悩んでいるユーザーはかなりおられると思われます。

 

仮に、あなた自身がSo-net光コラボの転用の申し込みを検討しているというのなら

 

『少し待機してください!』

 

 

So-net光コラボにはちょっと見で気付きづらいぞっとするネックがあるかもしれない。

 

何を隠そう私にしてもフレッツ光回線を利用しております。

 

また、So-net光コラボの申し込みを検討してみたのです。

 

やっぱ、せっかくならフレッツ光よりレンタル料金のお手頃なSo-net光コラボにリニューアルした方が得しますでしょ。

 

 

だけども、チェックしていると厄介な罠がチラホラ見つかりました。

 

これらの、So-net光コラボのマイナス点や留意点を知らずして登録してしまうと・・

 

一年を通じて、無念さと嫌な思いに頭の中をむしばまれるかような深刻なプロセスが控えているかもなんです。

 

だけれど、まず第一にSo-net光コラボを加入する以前に当該のマイナス点と注意事項は
余すところなくわかっておきたいですね。

 

残らず留意点やマイナス点を納得して理解できた上で申し込みすることにより楽しいSo-net光コラボ生活を
送れるだろうと思います。

 

 

 

これから先、So-net光コラボの申し込みを考えているユーザーは良かったらこれらの報告を120パーセント役立てて
ルンルン期待を抱いてみて下さいね

 

 

外れのない情報をトコトン利用してSo-net光コラボを申し込みすれば、ワクワクしてバラ色の
So-net光コラボ生活を送れるだろうと思います。

 

 

So-net光の速度は遅いのか?

 

So-net光コラボのスピードや接続の安定性は非常に関心を寄せる大切なポイントだと考えます。

 

  • ・スピードが時間を取られないかスローか
  • ・接続が維持されるか

 

この二つセットのポイントはオンライン使用回線の中でいのちと言っても大げさではないですね。

 

 

So-net光コラボの毎月代金はフレッツ光回線よりおトクです。
一方、いかに金額が安い値段でも

 

  • ・通常スピードが10kbps未満
  • ・10秒に1度は切断

 

などの様なお粗末酷い使用回線であればたちまちSo-net光コラボを退会したくなってしまうといえます。

 

ちなみに、So-net光コラボはフレッツ光回線と内容は全く異なるのか?

 

So-net光コラボはポイントは通信回線はフレッツ光回線のタイプを活用しているんですよね。

 

そんなわけですから、内容的にはフレッツ光回線とちっとも変わりないだろうとイメージしてしまうのがほとんどだと存じます。

 

この点に対しSo-netのスタッフ様にコンタクトを取ってみた。

 

フレッツ光回線と照らし合わせると
スピード感や接続の安心感は全く異なるかしら?
使用回線の器機は異なるのですか?

 

こんな感じで疑問を投げかけてみたのです。

 

してみると次項のようなお返事をもらったのです。

 

 

「So-net 光 コラボ」についてそのハイスピード性、一年を通じて接続性について、
接続の保証はしておりません。

 

現実の上での通信スピードやリライアビリティはお客さまのご使用状況や周辺状況などによって
開きが出てくるから、はっきりとしたお伝えはいたしかねますこと、ご理解ください。

 

更には、「So-net 光 コラボ」プランはNTT東日本・NTT西日本の
光ファイバー通信回線を活用してSo-netが見せる今までなかったオンラインサービスです。

 

上記で述べた風のレスポンスをもらいました。


 

 

 

ぶっちゃけて言えばネットサービス業者として

 

「スピードがハイスピードになりますよ!」
「接続がこれまで以上に安定しますよ!」

 

とは言えないのでしょう。

 

でして、当たり障りがないレスポンスといった感じだと考えます。
しかしながら、どんなことより聞きたかったのはフレッツ光回線とのギャップだよね。

 

スピードや接続の安定感はどういう状況になるのかです。

 

この度貰ったレスポンスでは実のところそのへんは、未解決という感じでお茶を、にごされてしまった。

 

 

結果的によく理解できませんでした

 

ただし、通信回線装置はフレッツ光回線と変わらないのだから十中八九フレッツ光回線とそんなに違わないと考えています。

 

だから、フレッツ光回線からSo-net光コラボに換えたからってビックリするぐらいのスピードの違いは起きないでしょう。

 

 

でして、とっくにフレッツ光回線を利用していてプロバイダーをSo-netにしているユーザーは
So-net光コラボに換えてもスピード感は、おそらく変わりないだろうと思います。

 

ところが、フレッツ光回線でSo-netとは異なるプロバイダーを利用しているユーザーだったら
So-net光コラボに取り替えたらスピードがどんな風になるか不明ですよね。

 

フレッツ光回線であればプロバイダーによってスピードがずい分と違ってくるんだよね。

 

とりわけマキシマムスピードが1Gbpsが生じるフレッツ光ネクストが現れてから
プロバイダーが違うとすごくスピードのバラつきが著しいような気がします。

 

更には、同一のプロバイダーだけどエリアの相違により遅延したり、速かったりという面もあると聞きます。

 

具体的に言えばOCNですと香川県は遅いけど、関東はスピーディーなどというような状況です。

 

ということで、これから先So-net光コラボに転用が考量されているユーザーは
我が家の全国各地でどんだけのスピードが出て来るか実に気になってしまいますよね。

 

また、

 

  • ・時間帯は夜の時間帯なのか日中なのか?
  • ・ウィークデーかウィークエンド祝日か?

 

という部分にも着目してみましょう。

 

間違いなく夜中はスピードが遅くなってしまうケースがあります。
また、ウィークエンド祝日なんかもスピードが遅くなってしまうの公算が高いです。

 

それについてもご注意ください。

 

ウィークエンド祭日のおまけに夜間にスピードが下がっていないとすれば
すごく信用できるオンライン通信回線の確率が高いです。

 

しかし、どちらにせよ指標だから100パーセント信用できるとは言えません。

 

その点は心掛ける必要があります

 

 

⇒ So-net光のキャンペーンサイトに行く

 

 

So-net光 光コラボの料金プランは安い?

so-net光コラボ(以下so-net光)の基本利用料は次のまま。全部長割り利用上の表示価格になります。

 

 

<フレッツ転用時の料金表>

 

タイプ 月額料金
(長割適用) 月額料金
(auセット割)
ファミリー 1〜30カ月目:4,800円
31カ月目以降:5,200円 4,000円〜
(スマホプランによって変わる)
マンション 1〜30カ月目:4,000円
31〜60カ月目:3,900円
61カ月目以降:4,100円 2,900円〜
(スマホプランによって変わる)

 

※金額は工事費、割り引きキャンペーンを入れてます。

 

 

 

auひかり(毎月5,100円)やドコモ光(5,200円)、ソフトバンク光(5,200円)の原則代金と同じくらい。それが市場でしょうかね。

 

so-net光コラボは上の記載長割の割引プランか、auスマートフォンとのまとめ割り引きのふたつにひとつが選択されることになります。

 

長割の全体像

光コラボは後述しますauセット割引が利用できないケースでは「長割」という値引き特別企画が活用されます。

 

長割は絶対じゃないのですが、参加するのみで30カ1ヶ月に500円値引きがなされるので原則として入ることと思います。

 

しかし継続期間(30カ月間)の進行中にやめると7,500円の違約金を招いてしまうことになります。

 

長割500円値引きですから15カ月間もかからずにとめるとマイナスが起きる算定となっています(500円×15カ月間=7,500円なので)。

 

というわけで15カ月間の内にやめる目処がないと長割は入っておいた方が良いと思います。

 

auスマホとセット割引

so-net光コラボはauのスマートフォンとセットで1ヶ月コストが1,200円値下げ(または500円値引き)されることになります。

 

新規のファミリー用の原則金額が5,200円だから毎月4,000円に変わります。おぉ〜っと実に得になりますね。

 

auのスマホセット割引きが認められるケースでは前述した長割りは組み込まれません。

 

スマートフォンは勿論ガラケーのプランでもカケホーダイ+データ定額(5GBオーバー)だったら1,200円値引きが導入されます。

 

auセット値引きに該当するか否かはコース次第で違いますので次の表を参考になさってください。

 

  • ご利用機器 契約プラン 割引額
  • auスマホ データ定額5(GB)以上
  • LTEフラット
  • ISフラット等 1,200円
  • データ定額1/2/3(GB)
  • ジュニアスマート
  • シニアプラン
  • LTEフラットcp(1GB) 500円
  • auガラケー カケホ+データ定額5(GB)以上 1,200円
  • カケホ+データ付
  • カケホ+データ定額2/3(GB) 500円
  • auタブレット LTEフラット for Tab/Tab(i)
  • LTEフラット for Tab(L)
  • LTEフラット for DATA(m)
  • LTEダブル定額 for Tab/Tab(i) 1,200円

 

 

 

転用のポイント

フレッツ光回線から光コラボに置き換えるケース何個か気をつける点が存在します。

 

1つ目工事費に関してですが、フレッツ光回線ネクスト以後(ハイスピード、隼等)では工事費は必要ないですがそれの前のプレミアムやBフレッツならば器具の入れ替えがあるので工事費が発生してしまうのです。6年〜以前からフレッツを使っているユーザーはそれらの物に該当するかもしれないのでお気を付けください。集合住宅になってくると今なおプレミアムやBフレッツの場合も見受けられます。

 

もうひとつはEメールアドレスに関してになります。

 

具体的に言うとフレッツ光のプロバイダにOCNを使っているとしたら、so-net光コラボに切りかえるとOCNを止める結果になるので「@ocn.co.jp」というプロバイダの電子メールが使えなくなってしまうので気をつけて下さい。

 

so-net光コラボの申し込み方法(フレッツからの転用)
現時点フレッツ光回線を活用しているユーザーはインターネット上からたやすく注文ができます。 原則的な動きとしては、

 

 

詳細についてはの公式サイトを読んでほしい。
なお申し込み受け付け時に発生する金は取り扱い手数料の1800円が必要です。

 

 

 

 

 

auに乗り換えたいけどフレッツの違約金が気になるというユーザーにおすすめ

 

僕にもフィットすることなのですがフレッツ光回線、特に西日本でお使いされているユーザーはauひかり等に買い換えたいけど高額の違約金が作用してしづらいケースがほとんどだと思います。

 

とりわけフレッツ光回線西日本の光もっと割やもっともっと割の違約金は局面がまずいと3万もしますからね。実にツライです。

 

ですがフレッツコラボモデルに切りかえる(正しくいうと転用と称します)ケースはフレッツ光回線の違約金不要という有利な方法が存在します。

 

※ただしプロバイダの違約金は生じてくるケースがあります

 

更に具体的に言うとこのso-net光コラボに買替えたとして、あり得ないことかもしれませんがいきなり会員登録を抹消してもso-net光の違約金は7500円。

 

そういう理由でマイナスになるということはまずないです。

 

余談ですがso-net光の違約金は自動更新されるため原則的には退会月以外でストップさせると生じてしまいます。 契約年月は30か月間だから2年6ヶ月につき更新される考え方。 そうは言っても7,500円くらいなら払えなくもないと言えますね。スマホより安くなりますので。

 

so-net光コラボの懸案事項

ラストになってしまいましたがマイナス点についてご紹介いたします。

 

これってso-netは言うまでもなく多くの光コラボに結びつくわけですが、

 

 

  • プロバイダのチェンジがやれない
  • 転用時にプロバイダの違約金が掛かってくるケースがある

 

という2つの弊害が存在します。

 プロバイダのみの変更が出来ない

フレッツ光回線の場合、プロバイダを具体的に言えばso-netからOCNへあっさりとチェンジすることが可能でしたけど光コラボのケースではso-net光コラボから例をあげるとOCNなどにチェンジすることが不可能になってるのです。光コラボは一体型ですのでチェンジしたいときは一旦退会してもう一回他の通信回線を申し込まないといけません。

 

というわけで仮に使用回線スピードがのろい等を理由にプロバイダをチェンジしたいとしてもおいそれとはチェンジしづらいのが実情です。

 既存のプロバイダの解約が必要

フレッツ光回線×プロバイダso-netからso-net光コラボへ転用するケースではとりわけOKなのですが他の業者、仮にOCNやyahooBBのフレッツ光回線から転用すればプロバイダの違約金が生じるケースがあります。

 

プロバイダは2年単位の自動更新の場合が普通で、違約金は勿論各業者で異なっていますがたいてい5,000円前後といった会社がほとんどです。

 

何はともあれso-net光コラボに転用するだけで1ヶ月1,000円〜低価格になったりするケースもあるので大きく損するはずなどありませんが今日現在お持ちのプロバイダの更新月が間近のならばそこを待ってからであっても遅くはないのでチェックしておいてください。

 

 

⇒ So-net光のキャンペーンサイトに行く

 

 

 

 

So-net光のキャッシュバックはラプターがお得!

ラプターからSo-net光、の光コラボレーションを利用できますが、

 

ラプターの人気のある丸秘は、なにしろ現金払い戻しの入金がスピーディーなことです。ラプターの現金バックは最も短くて2か月後に振り込まれるのです。

 

何を隠そうこのことは強力なことです。これ以外の代理業者だと開通後半年後に入金というプロセスがよく知られているのです。なおさらよくないときは1年先に現金払い戻しとかの仲介業者も存在しますので。

 

 

加えて言うなら1年先に自分から志願しないと現金払い戻しがないという仲介業者も存在します。1年先に自己申告なんて失念してしまうでしょう。
そのような仲介業者は申し込みをするのを忘れにつなげることを考慮して1年先に現金払い戻しをしています。

 

 

申し込み者が失念するやり方で仲介業者の儲けに繋がりますよね。そこの所を狙っています。このようにみると1か月先に入金を
行うラプターがどのくらい真正直か明らかですよね。1か月あとでしたら忘却することもあり得ませんし、
きっちりとラプターから現金払い戻しの流れの告知もあるのです。というわけで100パーセント現金バックをゲットしたいならラプターが一押しなんですよ。

 

 

 

⇒ So-net光のキャンペーンサイトに行く

 

 

 

 

 

 

So-net光の総評

So-net光コラボはまぎれもなく良いプランに相違ありません。

 

次いで、一番に私自らが感じるSo-net光コラボのウィークポイントを見て下さい。

 

 

So-net光コラボを申請するユーザーは既にNTT東日本、西日本のフレッツ光回線を
利用している人が少なくありません。
部分的には従来フレッツ光回線を利用していなくて完全に新たにSo-net光コラボを
注文する人もおいでになるでしょう。

 

だけれど、通常はフレッツ光回線サイドからのスイッチで申込みをする人が
少なくないのではないかと思いますそういったユーザーは、
フレッツ光回線からSo-net光コラボへの『転用』の形式で登録申請すると考えます。

 

転用のにあたって、ちょっと配慮しなければいけない落とし穴がどっさり仕掛けられていそうです。
念を入れて見てみましょう。

 

フレッツ光回線光からSo-net光コラボに転用するにあたり
『違約金を払わなくていいんです!』という嬉しい規定が見られるのですよね。

 

フレッツ光回線はNTT東日本も西日本も2から3年の契約年月が付きまといます。
その契約年月の間に終了させるのだったら
莫大な違約金がかかってしまう時が在り得ます。

 

下手をすると違約金が2から3万になる場合があるかもなんです。
2から3万と言ったらものすごい高いお金だからとんでもないですよね

 

だけども、So-net光コラボではありがたい事に、
この違約金が原則的には廃止なんですよ!

 

フレッツ光回線からSo-net光コラボに転用するなら契約年月中でもNTT東日本、
西日本の違約金は払わなくて構いません

 

しかしながら!!何を隠そうこの決まり事には罠あるんです。

 

フレッツ光回線からSo-net光コラボに転用する場合は原則的にNTTの分の
退会の違約金は発生いたしません。

 

しかししかし、

 

  • ・プロバイダーの違約金
  • ・工事費の分割返済の残余

 

このそれぞれの金額を準備しておかなければならない危険がものすごく高いのです

 

・プロバイダーの違約金フレッツ光回線ならNTTだけに限らず
プロバイダーと言われる事業者と契約しないとインターネットができませんよね。

 

具体的に言えば、So-ne(ソネット)や@nifty(ニフティ)、ビッグローブとかが
プロバイダーという意味です。

 

分かりやすく言うとフレッツ光回線を利用していてプロバイダーがnifty
の場合をイメージしてみましょう。
また、それからSo-netのSo-net光コラボに転用で申込みをするケースをイメージしてみましょう。

 

このケースではNTTに違約金は支払わなくてもいいんです。
しかし、プロバイダーのniftyとの契約年月が余っているのならniftyから違約金を
請求されてしまうんです。

 

ただし、niftyとの契約年月が尽きるタイミングにSo-netのSo-net光コラボと締結すると
違約金は生じることはありません。

 

されど、契約が尽きるシチュエーションを狙うのは大変だと想定します。

 

プロバイダー次第ですがほとんどのケースでは、
契約年月は1から2年だという事をご存知ですか?

 

 

ドンピシャリ、その契約年月が尽きるタイミングならプロバイダーの違約金を
支出することは不要です。
でもね、1から2年に1回巡るシチュエーションを狙うのは不可能だと思います。

 

というわけで、たくさんの方が契約年月中の転用になるんじゃないかと思いますなんで、
通常はプロバイダーからの違約金を加算されてしまいます。

 

ただし、プロバイダーの違約金においてはフレッツ光回線と光コラボレーションの
プロバイダーが一緒のときには違約金は生じることはありません。

 

分かりやすく言うと、フレッツ光回線を利用していてプロバイダーがSo-netだとしておきます。
それから転用してSo-net光コラボを注文するというシーンです。

 

 

フレッツ光:プロバイダーがSo-net
↓↓↓↓
転用
↓↓
So-net光コラボ

 

 

このケースではフレッツ光回線光も光コラボレーションも同一のSo-netとなっていますでしょ。

 

そんな訳で、プロバイダーの違約金は発生することはありません。

 

・工事費の分割返済の剰余加えて、次いで警戒しないと失敗するのが
『工事費の残余分』を要求されるときがあるという事です。
NTT東日本も西日本も新しくフレッツ光回線を利用するケースだと原則とし
て『初めの総工事費』を要求されると思います。
この総工事費はほとんどのケースでは2万円あたりするためずいぶん高いです。

 

その工事費の返済なんですが通常は月に1回分割返済で1ヶ月価格に一緒になっているのですね。

 

支払歳月は原則的には30ヶ月間になります。
フレッツ光回線を新たに取り付けてから30ヶ月間使用し続ければ総工事費の返済が完了します。

 

ですが、30ヶ月間の工事費の分割返済が終えていないシーンでSo-net光コラボに転用しますと
残りの返済を準備しておかなければならないのです

 

この内容を把握していないと違約金を払わなくてOKとか教えられたのに
突如として金を求められて面食らってしまいます。

 

ただし、工事費の剰余においてはプロバイダー次第では出さなくってもよい業者が存在します。

 

 

具体的に言うとSo-net光コラボに申込むケースだと総工事費の残余もSo-netが払い込んでくれるのです。
すなわちSo-netのケースでは総工事費も立て替えてくれて心配がなく得をするんだよね。

 

 

という訳で、So-net光コラボならかなりハッピーでしょう。
ただし、もしもOCN光回線等においては残る総工事費を代金を支払わないといけません。
こういったようにかわらない光コラボレーションであってもプロバイダーが違うと
細かく決め事が異なってくるのでお気をつけ下さい。

 

 

So-net光に関する詳しいポイントでした。
思案中のユーザーにお役立ちいただけたらと思います。

 

 

⇒ So-net光のキャンペーンサイトに行く

 

 




 

関連ページ

DTI光
フレッツ光からの転用プロバイダのDTI光の サービスの特徴(料金、速度、キャンペーン内容)や 利用者の評判をまとめました。
クイック光
このページでは、、フレッツ光の転用先プロバイダの一つである光コラボレーションのクイック光の特徴( 月額料金、速度、キャンペーン内容、キャッシュバック)や利用者の口コミや評判をまとめました。
ニフティ光
フレッツ光の転用の人気のプロバイダであるニフティ光の特色(料金、速度、キャンペーン内容、キャッシュバック)や利用者の口コミや評判をまとめました。
OCN光
フレッツ光の転用プロバイダであるOCN光の特長( 料金体系、速度、キャンペーン内容、キャッシュバック)や実際の利用者の口コミや評判をまとめました。 光コラボレーション(フレッツ光からの転用)の選択の参考にどうぞ。
Drive光
今回はフレッツ光の転用プロバイダの一つであるDrive光について、その月額料金、速度、キャンペーン内容、キャッシュバック、利用者の感想などをまとめてみました。
ドコモ光
フレッツ光から転用できる光コラボレーションのプロバイダの一つ、ドコモ光の特長(料金体系、速度、キャンペーン内容)を分かりやすく紹介します。 さらには、実際のドコモ光を使っているユーザーの口コミや評判をまとめました。
ビッグローブ光
フレッツ光の転用のプロバイダの一つのビッグローブ光(BIGLOBE光)の特徴(料金、速度、キャンペーン)や利用者の口コミ、評判をまとめてみました。 これからフレッツ光から転用を考えている人は参考にして下さい。
ソフトバンク光
フレッツ光の転用のプロバイダであるソフトバンク光のサービスの特長(料金,速度,キャンペーン内容) や利用者のクチコミや評判をまとめました。 ソフトバンク光への加入を検討中のユーザーは参考にして下さい。
iスマートフォン
フレッツ光の転用のプロバイダの一つであるの特長(料金、速度、キャンペーン)や利用者の口コミや評判をまとめました。iスマートフォンひかりを検討中の方は参考にして下さい。
ルース光
フレッツ光の転用のプロバイダの一つであるルース光という光コラボのサービスを紹介します。 ルース光の特徴(速度、料金、キャンペーン内容)や利用者の口コミや評判をまとめました。
楽天コミュニケーションズ光
フレッツ光の転用のプロバイダの一つである楽天コミュニケーションズ光の特徴(速度、料金、キャンペーン)や利用者の口コミや評判をまとめました。
エキサイト光
フレッツ光の転用のプロバイダの一つであるエキサイト光の料金、速度、キャンペーンや利用者の口コミや評判をまとめました。
U─NEXT光
フレッツ光の転用のプロバイダの一つであるU─NEXT光の特徴(速度、料金、キャンペーン)や利用者の口コミや評判をまとめました。これからU─NEXT光の加入を検討中の方は参考にして下さい。