フレッツ光の転用プロバイダ,iスマートフォンひかり

iSmartひかり(フレッツ光の転用のプロバイダ)

フレッツ光,転用,ビッグローブ光,光コラボレーション

iSmartひかりとは?

 

「iSmartひかり」は株式会社フォーバルテレコムが独創的使用料で取り扱っている光コラボになります。

 

フォーバルテレコムはサッパリ耳にしない事業所名でございますが、IP通話などといった伝送速度プランを販売しているインターネット会社になります。元を辿れば電気伝送速度会社から通信回線を確保して売りに出していたので、今のコラボはフォーバルテレコムが前から出掛けて来た技術だと言えます。

 

その他、フレッツ光にて「iSmart接続-Fひかり」という商品名で、フレッツ光のプロバイダサービスも展開しています。

 

この記事では今のところ請け売りに注力しておる「iSmartひかり」の代金やプラン内訳などを具体的にピックアップしていくつもりです。

 

ストレートに言うと何よりも良い光インターネットはauひかりですけれども、auひかりが範囲外部でしたら新しい加入サービスが充実している分だけ他所の通信回線を上回ってオトクと考えられます。

 

 

【iSmartひかり キャッシュバックキャンペーン】サイトに行く。

 

 

 

 

Smartひかりの速度は遅いのか?

 

光コラボのインターネットスピードは、フレッツ光回線とロジック的に同じ。

 

しかしながら、プロバイダサイドの使用者上昇と環境強化のタイミングの行き違いにおいて、地域的並びに暫定的に大混雑が引き起こされるリスクが高くなるケースがあるだけです。

 

iSmartはわりとニッチなプロバイダだから、使用者の数が僅かで大混雑が引き起こされるパーセンテージは低くなるといえるのですけど、施設の方が有名なプロバイダみたいなハイクラスなタイプで無い事が有り得るから、地域的に使用者が多くなったところでは大混雑突発が他よりは現れ易くなるやも知れません。

 

 

 

【iSmartひかり キャッシュバックキャンペーン】サイトに行く。

 

 

 

iSmartひかりの料金は安いのか?

 

月額料金
 


< iSmartひかり > 戸建て住宅・スタイル(スタンダード)

 

 [ ギガ無線プラン ] 6,900 円(東日本ゾーン)
 [ ギガプラン ] 6,600 円(東日本・西日本ゾーン)

 

 [ ハイスピードプラン ] 6,400 円(東日本ゾーン)
 [ ハイスピードプラン ] 6,600 円(西日本ゾーン)

 

 < iSmartひかり > 集合住宅・スタイル(通常)

 

 [ ギガ無線プランミニ ] 5,300 円(東日本ゾーン)
 [ ギガ無線プラン1 ] 4,700 円(東日本ゾーン)
 [ ギガ無線プラン2 ] 4,300 円(東日本ゾーン)

 

 [ ギガプランミニ ] 5,000 円(東日本ゾーン)
 [ ギガプランミニ ] 5,450 円(西日本ゾーン)

 

 [ ギガプラン1 ] 4,400 円(東日本ゾーン)
 [ ギガプラン1 ] 4,650 円(西日本ゾーン)

 

 [ ギガプラン2 ] 4,000 円(東日本ゾーン)
 [ ギガプラン2 ] 4,150 円(西日本ゾーン)

 

 [ ハイスピードプランミニ ] 4,800 円(東日本ゾーン)
 [ ハイスピードプランミニ ] 5,450 円(西日本ゾーン)

 

 [ ハイスピードプラン1 ] 4,200 円(東日本ゾーン)
 [ ハイスピードプラン1 ] 4,650 円(西日本ゾーン)

 

 [ ハイスピードプラン2 ] 3,800 円(東日本ゾーン)
 [ ハイスピードプラン2 ] 4,150 円(西日本ゾーン)

 

 

 

 ※ 戸建て住宅&集合住宅・スタイル共通して標準コースに関しましては、猛スピードコースと同じくらいの価格になると言えます。

 

 

 

 


< iSmartひかり > 戸建て住宅・スタイル(スマ割り引きを利用した時)

 

 [ ギガ無線コース ] 6,000 円(東日本ゾーン)
 [ ギガコース ] 5,700 円(東日本・西日本ゾーン)

 

 [ ハイスピードプラン ] 5,500 円(東日本ゾーン)
 [ ハイスピードプラン ] 5,700 円(西日本ゾーン)

 

 < iSmartひかり > 集合住宅・スタイル(スマ値下げを使用したケース)

 

 [ ギガ無線コースミニ ] 5,050 円(東日本ゾーン)
 [ ギガ無線コース1 ] 4,450 円(東日本ゾーン)
 [ ギガ無線コース2 ] 4,150 円(東日本ゾーン)

 

 [ ギガコースミニ ] 4,750 円(東日本ゾーン)
 [ ギガコースミニ ] 5,200 円(西日本ゾーン)

 

 [ ギガコース1 ] 4,150 円(東日本ゾーン)
 [ ギガコース1 ] 4,400 円(西日本ゾーン)

 

 [ ギガコース2 ] 3,850 円(東日本ゾーン)
 [ ギガコース2 ] 4,000 円(西日本ゾーン)

 

 [ ハイスピードスタイルミニ ] 4,550 円(東日本ゾーン)
 [ ハイスピードコースミニ ] 5,200 円(西日本ゾーン)

 

 [ ハイスピードプラン1 ] 3,950 円(東日本ゾーン)
 [ ハイスピードプラン1 ] 4,400 円(西日本ゾーン)

 

 [ ハイスピードプラン2 ] 3,650 円(東日本ゾーン)
 [ ハイスピードプラン2 ] 4,000 円(西日本ゾーン)

 

 

 ※ スマ値下げと呼ぶのはiSmartひかり(光回線)とiSmartコネクトF-ひかり(プロバイダー)を組み合わせてエントリーいただいたシーンでは利用できる値下げキャンペーンなんです。
 ※ 戸建て住宅&集合住宅・スタイルいずれも標準コースに関しましては、猛スピードコースと同じくらいの価格になると言えます。

 

 

iSmartひかりのキャッンペーンは?

 

「iSmartひかり」は代行業者が現金払い戻しを展開しているケースが多いのです。

 

その中にあっても正規代理店の「ムーンアンドサン」

 

が担っているサービスが甚だリッチなんです。

 

今の段階で加入すると法人以外でも最高で30,000円の現金払い戻しかあります。

 

こんだけセレブな仕様であると寧ろなんとなしに気に掛かりますが、
リッチにできちゃう背景にあるのは「iSmartひかり」を扱っている法人フォーバルテレコムの作戦となっています。

 

フォーバルテレコムは、東証2部に株式上場している法人なのです。

 

こちらの法人は、自分の会社の光コラボレーションの浸透を強固なものにして行く為、
仲介業者には支払う宣伝費を他プロバイダ業者よりは多量に払っているのです。

 

代行業者はこちらの宣伝費を用いて「iSmartひかり」の拡販を行っております。

 

浸透度が多くない「iSmartひかり」は、新しい申し込みでのサービスを彩るやり方でメンバーが増大するのを目論みました。

 

正式の代行業者であるムーンアンドサンは、1件「iSmartひかり」の加入をとったら、
フォーバルテレコムから高いコマーシャル代が入金されるから、それ相応だけ高い価格帯の現金払い戻しやプレゼントがリターン可能なわけです。

 

これよりもたくさんコマーシャル代を払い込んでいる光コラボレーションはそう簡単にはないからこそ、
これよりも高級なサービスをやっている代行業者はないかもしれないですね。

 

【iSmartひかり キャッシュバックキャンペーン】サイトに行く。

 

 

 

 

iSmartひかりのクチコミや評判は?

 

 

(30歳台ご主人・労働者)

 

19時からずっと1Mより下

 

【インターネットスピード】
19時頃からは1Mより下に変容して、YouTubeも普通に観れない

 

 

【ご使用使用料】
インターネット、プロバイダ、安全性、ひかりコールセンターで7300円
【アフターケア】

 

【安全性】

 

【サポート体制】

 

【トータル評価】

 

 

ギガスタイルで申し込んだのだが、暗くなってからは1Mを越えないインターネットスピード。
異常なほど遅延するからi-smartに問合わせしたら、ルーターorNTTの光回線に不都合があると伝えられ、土曜日の朝のうちにNTTより担当者が我が家に訪ねてきた。
あれこれ調べた結果、ルーターは問題なし。
NGN(プロバイダを通さずインターネットスピードを実測する手法)でインターネットスピードを割り出してみれば、意外にも400Mをオーバーするインターネットスピードが出現していたんです。
プロバイダi-smartを介してインターネットスピードを査定すると、6Mまでも低下しいました。
結果、i-smartで速度制限をしてたのが判明しました。

 

光ファイバーiSmartひかり


 

 

 

(40歳代後半旦那さん・その他)
めちゃくちゃユーザビリティの高いプロバイダだだ

 

インターネットスピードは1GB/mです。使用料金は1000円台とおトクです。アフターケアは、電子メイルが10個利用できる所になる。安全性はそんなにも良くないです。フォローアップは活用しておりません。全体的には、ベテラン用のプロバイダでしょう。

 

光ファイバーiSmartひかり


 

 

 

(40歳代前半男の人達・サラリーマン)

 

電話サポートははずれが多く気分が悪い

 

【インターネットスピード】
外の光インターネットと対比しても特に遅れるというようなことはないと感ずる。
【ご使用代金】
外の光インターネット会社と変わらないくらいの代金 集合住宅申し込みで月間平均値5000円台で不平などない。
【アフターケア】
プロバイダだというのにどういうわけかお水の販売促進電話を休むことなくしてきたり、非常にウンザリする。
【安全性】
そこまで困惑した経験はない
【サポート体制】
メルアド準備や、インターネット準備により2〜3回電話をしたけど、スタッフごとで、不一致がかなりあります。
とんでもないスタッフにあたってしまう場合は、真っ当に対策を施していただけないから、イライラしてくる体験も2〜3回有った。
【トータル評価】
別のインターネット会社と照らし合わせると締結継続期間が3年間と長めが痛いところ。更には継続期間内退会の時の違約金は25,000円とかなり割高だ。
多角的に判断して、このプロバイダをセレクトして相当悔やんでいる。
締結継続期間が完了したら、他所のプロバイダに切替間違いなし。

 

 

光ファイバーiSmartひかり


 

 

 

(40歳代前半世帯主様・期間限定社員・準社員・派遣)

 

まったく申込んだばっかし

 

【インターネットスピード】   7M〜8M   夜間1M〜2M

 

【ご使用代金】 950円

 

【アフターケア】

 

【安全性】

 

【サポート体制】あり。自らやれたから入り用なし。

 

【トータル評価】

 

インターネットスピード7Mから8M程度でています。

 

真夜中とかが1M〜2Mになります。

 

アイスマート

 

とにかくインターネットスピードは低くなる方だと思います。

 

過去  プロバイダー楽天ブロードバンド+ 通信回線NTTひかり

 

と比べるとゆっくりの感想。

 

NTT代金トータル請求で 追加100円付くらしいのだ。⇒その100円に留意

 

集合住宅スタイル950円+100円=1050円

 

過去使用していた楽天ブロードバンド  1024円

 

安くなるで契約したけど、わずかに料金UP。

 

スタート2か月間0円でいいので26円×36か月間=936円

 

1164円だけお得。けれど2か月間分0円はいろんな所で実施しているか?

 

いざ、きっとうんと使用しずらいケースがなかったら3年間以上使うか。

 

3年間より長く違約金0円。自動的契約アップデートいらず

 

ここ以外にありません。評定されるところ。

 

光ファイバーiSmartひかり


 

 

 

(二十歳未満男・大学生)

 

低スピード、それに何と言っても・・・

 

インターネット入会者の子供になります。

 

【インターネットスピード】
真夜中、特にゴールデン時間は下り1桁Mbpsのみしか出ない(上りはこれといってOKだ)
昼間はおおむね満足

 

【ご使用代金】
初回2か月間0円等も在って、割合にお得である

 

【アフターケア】
メアドゼロ円なんかはあるのですがそれほどプランが中身のない感じを受ける

 

【安全性】
締結した時の「遠隔コントロール」に苛つき。

 

【トータル評価】
代金を費やしたけれどインターネットを阻害されるケースが何度も。
こんな状態では使い物にならない。
従って☆1とさせて貰います。

 

光ファイバーiSmartひかり


【iSmartひかり キャッシュバックキャンペーン】サイトに行く。

 

 

 




 

関連ページ

DTI光
フレッツ光からの転用プロバイダのDTI光の サービスの特徴(料金、速度、キャンペーン内容)や 利用者の評判をまとめました。
So-net光
フレッツ光の転用プロバイダの一つであるSo-net光の特徴(料金、速度、キャンペーン内容)や利用者の 口コミ情報などをまとまめました。
クイック光
このページでは、、フレッツ光の転用先プロバイダの一つである光コラボレーションのクイック光の特徴( 月額料金、速度、キャンペーン内容、キャッシュバック)や利用者の口コミや評判をまとめました。
ニフティ光
フレッツ光の転用の人気のプロバイダであるニフティ光の特色(料金、速度、キャンペーン内容、キャッシュバック)や利用者の口コミや評判をまとめました。
OCN光
フレッツ光の転用プロバイダであるOCN光の特長( 料金体系、速度、キャンペーン内容、キャッシュバック)や実際の利用者の口コミや評判をまとめました。 光コラボレーション(フレッツ光からの転用)の選択の参考にどうぞ。
Drive光
今回はフレッツ光の転用プロバイダの一つであるDrive光について、その月額料金、速度、キャンペーン内容、キャッシュバック、利用者の感想などをまとめてみました。
ドコモ光
フレッツ光から転用できる光コラボレーションのプロバイダの一つ、ドコモ光の特長(料金体系、速度、キャンペーン内容)を分かりやすく紹介します。 さらには、実際のドコモ光を使っているユーザーの口コミや評判をまとめました。
ビッグローブ光
フレッツ光の転用のプロバイダの一つのビッグローブ光(BIGLOBE光)の特徴(料金、速度、キャンペーン)や利用者の口コミ、評判をまとめてみました。 これからフレッツ光から転用を考えている人は参考にして下さい。
ソフトバンク光
フレッツ光の転用のプロバイダであるソフトバンク光のサービスの特長(料金,速度,キャンペーン内容) や利用者のクチコミや評判をまとめました。 ソフトバンク光への加入を検討中のユーザーは参考にして下さい。
ルース光
フレッツ光の転用のプロバイダの一つであるルース光という光コラボのサービスを紹介します。 ルース光の特徴(速度、料金、キャンペーン内容)や利用者の口コミや評判をまとめました。
楽天コミュニケーションズ光
フレッツ光の転用のプロバイダの一つである楽天コミュニケーションズ光の特徴(速度、料金、キャンペーン)や利用者の口コミや評判をまとめました。
エキサイト光
フレッツ光の転用のプロバイダの一つであるエキサイト光の料金、速度、キャンペーンや利用者の口コミや評判をまとめました。
U─NEXT光
フレッツ光の転用のプロバイダの一つであるU─NEXT光の特徴(速度、料金、キャンペーン)や利用者の口コミや評判をまとめました。これからU─NEXT光の加入を検討中の方は参考にして下さい。