フレッツ光の転用プロバイダ・ビッグローブ光

ビッグローブ光(フレッツ光の転用のプロバイダ)

フレッツ光,転用,ビッグローブ光,光コラボレーション

ビッグローブ光とは?

 

BIGLOBEから光通信回線がスタートしました。名称を紹介すると「BIGLOBE光」です。過去BIGLOBEを続けて使っていらしたユーザーにはものすごく興味のあるプランだと思います。

 

これまでには、「フレッツ光×BIGLOBE」「auひかり×BIGLOBE」などという、1個のプロバイダープランでしか使えなかったのですけど、今度はドップリ丸ごとBIGLOBEが展開してるから、一括でセットに成ってものすごく分かりやすくなったのです。

 

このようなBIGLOBEは長い年月の提供実績と、ハッピーなプレゼントにより実に評判を伴い、問合せだって殺到。貴方も多分、BIGLOBE好みですし、味わってみたいと感じるではないでしょうか?

 

けども、そうは言っても光インターネットはずーっと使い倒すシロモノですので、マジにシフトちゃって間違いないのかと心許なくなってしまいがちですよね。

 

というわけで、よっしゃ申請をするに先立って絶対に、スタッフさんや冊子ということじゃなく「リアルで活用中のユーザーのクチコミ・ウワサ」を検証したいですね。

 

この記事ではそういうBIGLOBE光回線の言伝を細部にわたってあらいざらいピックアップしてみることにしました。

 

無論のこと魅力にとどまらず「不安な不都合な評価」も含めてお見せしてしまいますから、BIGLOBEフレッツ光を契約する前の段階のユーザーはあとあと失敗しないように、見落とさないでくださいした方が良いですよ。

 

【ビッグローブ光】のキャンペーンサイトに行く。

 

 

 

 

 

ビッグローブ光の速度って速いの?

 

ネットを使って「光コラボレーション スピード」なんてググると、「○○のインターネットスピードが鈍い」などページをしょっちゅう目にします。けれども、同じ様な書き込みは如何なる通信回線に取っても存在するのです、嬉しい評価もある一方でぞっとする評価も存在します。覚えておいてほしいのはあなた個人でとことんチェックして、あなた自身の要望に最適なプランをチョイスする事なんです。

 

ついでに申しますと、頻繁にウワサの的にされる「通信回線のスピード」ではありますが、インターネット使用回線の使用目的次第で、さほど懸案問題に陥らない場合もあります。某情報の発表では、通信回線の使用目的でダントツに大部分を占めるのは「ホームページ閲覧」「オンラインの買い物」「ソーシャルネットワーキングサービス」「電子メール」それから「映像閲覧」である答えが発表されているそうです。ホームページ閲覧等にいたっては、実際のところスピードは1Mでも出ていれば、相当なヘビーなホームページでないのなら、心地良く見ることはできます。ビックリすると思いますがYoutubeなどの映像閲覧におきましても、5から10Mレベルのスピードが出ているならば、閲覧できるのです。なるほど長い時間に及ぶ高画質TV番組というものを受信するケースでは、5から10Mのスピードでは無理ですが、庶民的な活用であるなら求める以下のスピードでしっかり活用できます。世間でスピードについての注目が出てくるのは、十中八九「光通信回線=超スピーディー」とでもいうべき見解があって、純粋にテストしたら1Gすらもでないもんで、もどかしい思いを持たれている場合が相当いると考えられます

 

 

ビッグローブ光回線で備えているのは、NTTフレッツの通信回線になります。
近頃中心として化しているマキシマムスピード1Gbpsのハイクオリティー光ファイバーのインターネットですから、伝送速度はめちゃめちゃスピーディーです。

 

ビッグローブ光回線を利用するというのは、「フレッツ(通信回線)+ビッグローブ(プロバイダー)」ものメジャーのセッティングの通信回線です。
数十年採用されおりますし、ダントツにユーザーの多いセッティングの1個ですから安定性はめちゃめちゃハイレベルです。

 

それに加えてBIGLOBE SIMについても伝送クオリティーで最高峰を成し遂げているし、入会者の61%が10年間〜愛用しているなど一流企業だからこそのキャリアがあるのです。
インターネットスピードにおいては他プロバイダ業者インターネットと比べて格段に安心できると考慮して良いと思います。

 

IPv6プラスで伝送速度がべらぼうにスピーディー
数十年活用されているセッティングで頼もしいビッグローブ光回線のインターネットながら、とは言え光インターネットは遅れてしまうといったクチコミがことごとくあるものです。
今日の時点でのテクノロジーだと周りの諸条件に伴ってインターネットスピードが激しく変動するもので、どちらの通信回線を選択したにせよ遅いといった物足りなさをアピールする利用者は一定数現れます。

 

だけどビッグローブ光回線のケースでは、「IPv6プラス」と呼ばれる新しい機能を導入してますから、伝送速度のクチコミはとてもいいと思います。
「V6プラス」と言いますのはIPV6という我が日本においては今もって14パーセント位しか一般的になっていない新規の機能でのインターネットなのです。

 

大半の通信回線はIPv4と言われる旧タイプのインターネット手法で、目下のところIPv6として対応を行なっているのはビッグローブ光回線やGMOとくとくBBなどほんの一部のプロバイダーだけ。

 

更にビッグローブ光回線は「IPv6プラス」企画に0円で加入することが出来る付加サービスですから、活用するべきです。
たくさんの人が「IPv6プラス」の性質やスペックが理解できないままで有るがまま登録しているとのことですが、こんなツールを使用しないとかなり損です。

 

「IPv6プラス」の手続きは加入後に、オフィシャルサイトやサポート受付窓口で申し出れば済みます。

 

 

【ビッグローブ光】のキャンペーンサイトに行く。

 

 

 

 

 

ビッグローブ光の料金は?

 

さっそくビッグローブ光回線のベーシックなコースと特徴をご案内しておきます。

 

月々の料金に関してはとても明快。

 

 

戸建て住宅スタイル   5,180円

 

集合住宅スタイル    4,080円

 

 

になります。

 

一応ですが居を構えている地域(東西)の状況でプライスの相違はないです。
集合建物だとしても集合住宅スタイルが導入されてない物件も在って、そんな時は戸建て住宅スタイルになってきます。

 

初めの料金に関して

 

最初の金額なんですが、フレッツ光回線からのリニューアル(転用)は事務手数料の2,000円だけ。

 

ですがフレッツ光回線の古い系統(Bフレッツ、光プレミアム等々)はそれとは別に工事費が生じますから気を付けてください。

 

新しい申し込みとなると事務手数料1,000円と工事費15,000円から21,000円(ローンOK)です。

 

ですが、ただいまNEWオーダー特別施策なので、

 

新しい申し込みのケースでは工事費が3,000円に値下げ化しているから戸建て住宅のケースでも集合住宅のケースでも最初の料金は実は4,000円になります。

 

 

 

特徴@ 基本利用料はめちゃめちゃ安くなる
近年はトータルコストが安価な通信回線プランが珍しくなくなってきていますが、その中においてもビッグローブ光回線はめちゃめちゃ低料金だと人気です。

 

取り敢えずは具体的に他プロバイダ業者通信回線と見比べていくことにします。

 

光回線 料金比較(プロバイダ料金込み)

 

ビッグローブ光回線    一戸建て:4,980円 集合住宅:3,980円

 

OCN光回線       一戸建て:5,200円 集合住宅:4,000円

 

auひかり        一戸建て:5,100円 集合住宅:3,800円

 

ソフトバンク光光回線  一戸建て:5,200円 集合住宅:3,800円

 

ドコモ光回線      一戸建て:5,200円 集合住宅:4,000円

 

フレッツ光回線     一戸建て:6,200円 集合住宅:5,100円

 

この頃はフレッツを除いた通信回線がかなり押さえられているから、切り替えるユーザーが伸びている様子ですね。

 

この場をお借りして列挙したものは、ユーザーが数多くクチコミが問題なしの5会社なんです。
同じ様なプロバイダー関係の「OCN光回線」と、スマートフォンキャリア3会社、それにフレッツでございます。

 

ビッグローブ光回線はとりわけ一番ベースコストが押さえられているから、安く利用することができるインターネットとし人気を博してます。

 

 

格安スマホがさらに割引

 

ビッグローブ光回線は超安いスマートフォンのBIGLOBE SIMとのまとめ割引きが存在していることが非常に大きい特徴となります。
優待価格プライスは月間300円ですが割安スマートフォンの間でもスゴイ人気が高いBIGLOBE SIMがお得になるから、プラスの面はでっかいです。

 

ビッグローブ光回線のアドバンテージをフルパワーで生かすことが可能なとされているのは、BIGLOBE SIMとの一式活用だからお勧めです!

 

 

 

 

解約方法と違約金について

 

ビッグローブ光回線を加入すると原則的には定期使用処遇になって、2年単位のオートマティック更新となってきます。

 

そんな訳で、2年サイクルで巡る取り止め月間とは関係なしにストップすると9,500円の違約金が出現することになります。

 

 

【ビッグローブ光】のキャンペーンサイトに行く。

 

 

 

 

ビッグローブ光のお得なキャンペーンは?

 

ビッグローブ光回線は現金払い戻しが多くあるのも人気が高い理由です。
とりわけ好待遇のムーンアンドサンという名の仲介業者を利用して加入したケースで、現金返戻は下記のようになります。

 

新規:10,000円転用10,000円これに勝る現金払い戻しを提供している他プロバイダ業者ブローカーもあるのですが、
有料付加サービスに加入しなければいけないとか、総合的に判断すれば損するシロモノだらけ。
ムーンアンドサンは年毎に表彰を受けるとか、通信回線事業の間ではプレミアム仲介業者のけん引役みたいな販売会社だから極めて信用できるはずです。

 

 

【ビッグローブ光】のキャンペーンサイトに行く。

 

 

 

 

ビッグローブ光の利用者の口コミや評判をまとめました

 

 

(50歳代前半世帯主)

 

きめ細やかな案内だった

 

【インターネットスピード】
フレッツからの違いは見出せません感想です

 

 

【ご使用代金】
想像以上に下がりました

 

 

【アフターケア】
かつてと変わらない対応と思います

 

 

【保安性】
適切だと思います

 

 

【サポート体制】
特にございません

 

 

【トータル】
料金が下がった事は感動しました


 

 

 

 

(40前ご主人・サラリーマン)

 

シチュエーションによってインターネットスピードがとろい・・・

 

【インターネットスピード】
家に帰り、最も通信回線を活用する夜間9時頃くらいあたりから2時間ほど1Mbpsを下回ってきてしまいます
旧タイプのNTT西日本フレッツ光回線隼とプロバイダのセッティングだったら10Mbpsは出ておりました

 

 

【ご使用代金】
旧タイプのセッティングに比べてちょっぴりお得です。ですが、インターネットのスピードの事が見受けられますから満足したとはいえません

 

 

【サポート体制】
問い合わせに関する対応はスピーディーな部類ではないでしょうか
だけど、インターネットのスピード改善の工事スケジュールエリアに一切含まれていないから、こちらのスピードに我慢するほかないです。

 

 

【保安性】
特にチェックしてないです。ずっと前から保有している保安性パックが存在しますし

 

 

【サポート体制】
特に意識しておりません。

 

 

【トータル評価】
インターネット取り次ぎ企業の薦めでチェンジしました
実績のある店舗のプロバイダだから、信頼度はいっぱいあります

 

だけど思いの外インターネットスピードがDownしたのにはガッカリで残念ですね
インターネットのスピード改善対策の提言もやってくれましたが、通信回線を実践するケースで制限が生じたり、
別枠料金が必要になったりしちゃう。
プロバイダサイドが公表しているインターネットのスピード改良工事スケジュールにありませんので、
辺鄙な所にはきついです。


 

 

 

 

 

(40歳前パパ・賃金労働者)

 

2月以前はまともなインターネットスピードでした

 

【回線速度】
問題外なゆっくりさ。しょっちゅう100KB/secより下に変わる

 

【ご使用代金】
2000円くらい

 

【アフターケア】
無行使

 

【保安性】
はっきり分かっていない

 

【サポート体制】
無行使

 

【トータル評価】
2月以前は全くインターネットのスピードにフラストレーションはなかったのですけど
インターネットのスピード規制の通達からは異常な低スピードになったのです。
もうそろそろv6プラスにトライして使えないら他のプロバイダに変えます


 

 

 

 

(40歳代前半男・しがない会社員)

 

きめ細やかなサポート対応でありました。

 

【インターネットスピード】
本質はフレッツ光回線と等しいから速度面での違いは見られない。

 

 

【ご使用代金】
申込メイン・決済手法(プロバイダー代金、通信回線インターネット代金、光電話代金の一括決済)を換えさえすれば12か月で3〜4千円の切り詰めがもたらされる。

 

 

【アフターケア】
今の段階で特にもどかしい思いなどない。

 

 

【保安性】
初心者解釈だけども安全性においては頑張っているみたいで安堵感を持つ。

 

 

【サポート体制】
コールセンターのプラン趣旨の事前案内がちゃんとしていて、サポート対応も安心感がありました。

 

 

【トータル評価】
現行プランをチョイスして最高だったと感じている。


 

 

 

 

 

(40歳代前半ご主人・労働者)

 

コンピュータ端末の準備もスピーディーでした。

 

【インターネットスピード】
365日何時間も何時間もつなぐもんでヘビーな場合があります。

 

 

【ご使用代金】
費用に関しては腑に落ちてます。ビックリするほどお得。

 

 

【サポート体制】
特に現状では不要です。

 

 

【安全性】
自らがナイスなアイテムを受信し、使っています。

 

 

【サポート体制】
特に現在の状況では要らないです。

 

 

【トータル評価】
ストレス無く使え特にトラブルもありませんので、100点満点ではないでしょうか。


 

 

 

 

(60歳代前半旦那さん・その他)

 

転居一連の流れが円滑に行なえた。

 

【インターネットスピード】
イライラ感ゼロ

 

 

 

【ご使用代金】

 

割高だ

 

 

【アフターケア】

 

以前転居をしたにも関わらずひかり通話の引越しも入れてコールセンターしっかりと対応して頂いて新しい住居の工事も遅滞なく完成した。

 

 

【安全性】

 

使っておりません。

 

 

【サポート体制】

 

受付スタッフが申し分ない。

 

 

【トータル評価】

 

費用が割高を除いては完璧。


 

 

 

【ビッグローブ光】のキャンペーンサイトに行く。

 




 

関連ページ

DTI光
フレッツ光からの転用プロバイダのDTI光の サービスの特徴(料金、速度、キャンペーン内容)や 利用者の評判をまとめました。
So-net光
フレッツ光の転用プロバイダの一つであるSo-net光の特徴(料金、速度、キャンペーン内容)や利用者の 口コミ情報などをまとまめました。
クイック光
このページでは、、フレッツ光の転用先プロバイダの一つである光コラボレーションのクイック光の特徴( 月額料金、速度、キャンペーン内容、キャッシュバック)や利用者の口コミや評判をまとめました。
ニフティ光
フレッツ光の転用の人気のプロバイダであるニフティ光の特色(料金、速度、キャンペーン内容、キャッシュバック)や利用者の口コミや評判をまとめました。
OCN光
フレッツ光の転用プロバイダであるOCN光の特長( 料金体系、速度、キャンペーン内容、キャッシュバック)や実際の利用者の口コミや評判をまとめました。 光コラボレーション(フレッツ光からの転用)の選択の参考にどうぞ。
Drive光
今回はフレッツ光の転用プロバイダの一つであるDrive光について、その月額料金、速度、キャンペーン内容、キャッシュバック、利用者の感想などをまとめてみました。
ドコモ光
フレッツ光から転用できる光コラボレーションのプロバイダの一つ、ドコモ光の特長(料金体系、速度、キャンペーン内容)を分かりやすく紹介します。 さらには、実際のドコモ光を使っているユーザーの口コミや評判をまとめました。
ソフトバンク光
フレッツ光の転用のプロバイダであるソフトバンク光のサービスの特長(料金,速度,キャンペーン内容) や利用者のクチコミや評判をまとめました。 ソフトバンク光への加入を検討中のユーザーは参考にして下さい。
iスマートフォン
フレッツ光の転用のプロバイダの一つであるの特長(料金、速度、キャンペーン)や利用者の口コミや評判をまとめました。iスマートフォンひかりを検討中の方は参考にして下さい。
ルース光
フレッツ光の転用のプロバイダの一つであるルース光という光コラボのサービスを紹介します。 ルース光の特徴(速度、料金、キャンペーン内容)や利用者の口コミや評判をまとめました。
楽天コミュニケーションズ光
フレッツ光の転用のプロバイダの一つである楽天コミュニケーションズ光の特徴(速度、料金、キャンペーン)や利用者の口コミや評判をまとめました。
エキサイト光
フレッツ光の転用のプロバイダの一つであるエキサイト光の料金、速度、キャンペーンや利用者の口コミや評判をまとめました。
U─NEXT光
フレッツ光の転用のプロバイダの一つであるU─NEXT光の特徴(速度、料金、キャンペーン)や利用者の口コミや評判をまとめました。これからU─NEXT光の加入を検討中の方は参考にして下さい。