フレッツ光の転用プロバイダ一覧

フレッツ光の転用のプロバイダ一覧

フレッツ光,転用,ビッグローブ光,光コラボレーション

フレッツ光の転用とは?

 

「転用」と称されているのは、目下ご使用もらっている「フレッツ光回線」より「コラボレーション光回線」へスイッチされるケースで、
ユーザーさまの申込先を「NTT」から「光コラボレーションプロバイダさま」へ簡単に入れ替えるプロセスということを示します。

 

転用を行うということで新たなる工事を施すことがなくなり、その上「フレッツ光回線」でご活用下さっている
「ユーザーID」や「ひかりTEL番号」を変える必要なく、コラボレーション光へ転換頂くことが出来ます。

 

※ クライアントさまが加入なさっている「フレッツ光回線」の種別(「Bフレッツ」、「フレッツ・光プレミアム」等)によって、
「転用」の一連の流れにあたって種別切り替えが求められる等、改めて工事等を行なうケースがあります。

 

※ ユーザーさまが「Bフレッツ」、「フレッツ・光プレミアム」をご加入しているケースだと、集合住宅の「フレッツ光回線」プランのサービス形式によっては、コラボ光へ転用出来ないケースがあります。
※ ユーザーさまが「フレッツ 光マイタウン」をご加入しているケースだと、コラボ光へ転用してもらうという作業が不可能です。

 

転用を行なうためには、下記の二つの登録がないとできません。
 

  • NTT西日本からの「転用承諾番号」のお受け取り
  • 光コラボプロバイダさまへの「コラボ光への転用」の手続き

 

 

転用により、お客さまが契約されている「フレッツ光」は取り止めに転じて、コラボ光回線を新たにご加入してもらう意味になりますから、ユーザーさまの加入先は、「NTT」から「光コラボプロバイダさま」に変わります。

 

 

 

「光コラボ」とは?

 

光コラボプロバイダさまが、NTTから光通信回線をチャーターして展開する光回線インターネットサービスと、
独自に展開する色々なプランをコーディネートし、ユーザーさまに、一段とユーザビリティの高い事業を生み出して行く企画になります。

 

この企画によって、 NTTから光回線インターネットをチャーターして事業を供給する企業を「光コラボ業者」と、
また、光コラボ業者さまが提供している光回線インターネットサービスを「コラボ光」と言うのです。

 

 

 

フレッツ光の転用のプロバイダ一覧

 

このサイトでは、フレッツ光回線から転用できる各光コラボのプロバイダ事業者を紹介してます。
各プロバイダの料金、速度、キャンペーン内容、はたまた、利用者の口コミや評判をまとめました。
どのプロバイダに転用するか、の参考にして頂ければ、と思います。

 

 


 
U-NEXT光とは?U-NEXT光回線は元来U-SENの系列会社であった事実もあり、ミュージック・ムービー送信サービス等に強い、注目を集める通信回線プランになります。ベース使用料の低さも注目されていて、オトクスマートフォンのU-mobileと組み合わせて利用すれば、値引きが効果を発揮して益々安い値段。しかしわかっていて欲しいのは、どんな人でも美味しいインターネットとは言えないということなのです。現実的にはリーズナブルで人気が高いU-NEXT光回線なのですが、ご自身の条件(スマートフォンやお住いの地方、家族素因)では高騰してしまうわけです。こちらのページではU-NEXT光回線のクチコミ・優れた点...
エキサイト光とは?エキサイト光回線は300法人を超えて見られる通信回線インターネットの間でも、もっとも廉価な毎月にかかる代金で注目されています。嘘偽りなくベースフィーの低料金は最上級だけれど、どんな人でもイチバンお買得にあたるということはありません。あなた自身がエキサイト光回線を利用した方が賢明か否かは、明言しますが下に挙げる3つの要素で決定されます。利用している携帯電話所帯構成要素住居のエリア以下のレポートではエキサイト光回線のクチコミと評価できるポイントを細部に亘ってご説明して、半ば以降であなた自身がエキサイト光回線を利用した方が適切なのかどうなのか解説します。一度でも読めば、あなた自身に...
楽天コミュニケーションズ光とは?常日頃普通に、楽天市場や楽天のものを何らか活用しているユーザーは多いです。何を隠そう、楽天に光コラボレーションも存在することは認識されていましたか?当サイトでは、この楽天ネームバリューの光コラボレーション「楽天コミュニケーションズ光」のプラン仕様と訴求ポイントや問題点、入会者様の人気・うわさを合わせて案内していくつもりです。以下のページを読めば、「楽天コミュニケーションズ光」のプラン内訳が明らかになり、どんな人によいのか、更にはあなた自身が契約することが望ましいのかどうなのかのジャッジメントも可能になっていくのですよ。それじゃ、一も二もなくチェックしてみることに...
ルース光とは?フォローアップてんこ盛り!フレッツ光回線をさらにそばに!「ルース光回線」は、法人ライチェが繰り広げるNTT東日本・NTT西日本の光コラボモデルになります。フレッツ光回線の素材・インターネットのスピードはあるがままも係わらず、安価でご使用いただくことができます。もうすでにプロバイダをご申込みのユーザーでEメイルを更改したく無いユーザーの場合でも安堵してご使用して貰えます。コンピュータ端末や系統のもの器具のご苦労を、個別の従業員がお問い合わせや遠隔コントロールでトータルにアシストするルース遠隔フォロー、携帯端末・交信機材のトラブル等といった問題に対処できるようにするルースコンピュータ...
iSmartひかりとは?「iSmartひかり」は株式会社フォーバルテレコムが独創的使用料で取り扱っている光コラボになります。フォーバルテレコムはサッパリ耳にしない事業所名でございますが、IP通話などといった伝送速度プランを販売しているインターネット会社になります。元を辿れば電気伝送速度会社から通信回線を確保して売りに出していたので、今のコラボはフォーバルテレコムが前から出掛けて来た技術だと言えます。その他、フレッツ光にて「iSmart接続-Fひかり」という商品名で、フレッツ光のプロバイダサービスも展開しています。この記事では今のところ請け売りに注力しておる「iSmartひかり」の代金やプラン内...
ソフトバンク光とは?ソフトバンク携帯端末法人から光回線コラボレーション「SoftBank(ソフトバンク)光線」のデビューがあった!2015年度3月度からオープンスタートとなります。スマートフォン企業の中には最も早く案内が登場しました、チェックした方がいいでしょう。ということからこの記事では「SoftBank光回線」ソフトバンク携帯ツール法人の光回線コラボレーションご案内なんです。このサイトで申し込みだって大丈夫です。ソフトバンク携帯ツール団体が2015年度3月度からサービスをスタートするSoftBank光回線。特徴で言ったら、何しろ携帯ツールとのまとめ割引き「スマート割り引き」なんです。Sof...
ビッグローブ光とは?BIGLOBEから光通信回線がスタートしました。名称を紹介すると「BIGLOBE光」です。過去BIGLOBEを続けて使っていらしたユーザーにはものすごく興味のあるプランだと思います。これまでには、「フレッツ光×BIGLOBE」「auひかり×BIGLOBE」などという、1個のプロバイダープランでしか使えなかったのですけど、今度はドップリ丸ごとBIGLOBEが展開してるから、一括でセットに成ってものすごく分かりやすくなったのです。このようなBIGLOBEは長い年月の提供実績と、ハッピーなプレゼントにより実に評判を伴い、問合せだって殺到。貴方も多分、BIGLOBE好みですし、味わ...
OCN光とは?OCN光回線は、NTT東日本(東日本電信電話法人)・NTT西日本(西日本電信電話法人)が繰り広げる光通信回線フレッツ光回線をNTTコミュニケーションズ法人がインターネットのスピード・完成度を変えず、低コストで販売する光コラボになります。因みに、ただいまフレッツ光回線をご使用中のユーザーには転用申し込みをするのみで、ご使用状況を変更する事無くても低コストによるお使いが実現します。OCN光回線いうものは天下のNTTジャンルの「NTTコミュニケーション」でありまして、フレッツ光回線のプロバイダ会社においては国内ナンバーワンの位置づけとなります。現在まで何百万人の加入者に向けてプランを供...
フレッツ光回線とドコモ光回線のダイレクトなギャップや問題点に至るまで執筆しましたドコモ入会者が気に掛かる企画の一環がドコモ光回線だろうと思います。しかし実際に過去のフレッツ光回線などといった光通信回線とどこがハッキリと違うのかがわからないのが本音です。通信回線っていうのは骨が折れますでしょ。冊子から判断しても専門のキーワードの嵐ですし、ちっちゃいテキストで補足ばっかしされており読み取っていられません。加えて、販売ショップの従業員さんに聞いたとしてもうまいことしか言うことはないし、耳にしたとしてもあまり分からないので、「ややこしくなってきて最終的には言われた通りに入会してしまった」なんてことはあ...
さてさて手際よく、昔から営業している店舗プロバイダによる光コラボレーション、nifty光というのを根底知見から目を通しましょう。NTTがフレッツ光回線を貸し付け、各会社がプロバイダと一式にどこにもないプラン拡大を出来るようにした光コラボレーション。格段に以前からフレッツ光回線のプロバイダプロジェクトしていたnifty法人も光コラボレーションがスタートした2015年頃よりnifty光回線としまして仲間入りしてます。nifty光回線に限定できませんが、フレッツ光回線とプロバイダのひとつひとつの状況だったサービスを光コラボレーション企画として1会社の加入にセットにしたことで、旧タイプのフレッツ光回線...
クイック光とはどんなプロバイダ?フレッツ光通信回線WEBサイトは使用回線代金とプロバイダ費用が各自で徴収されるのが通常でした。あまたある光回線コラボが台頭し、通信回線とプロバイダ代金の請求が1個に連帯することで今までよりリーズナブルな金額が叶うようになりました。以前からフレッツ光回線を使用中のユーザーもそうじゃないユーザーもクイック光をチョイスしたら安値でお買得にネットができる可能性大なのです。クイック光の光ファイバー使用回線はNTT東日本とNTT西日本が提供する通信回線を用います。通信会社一流企業のきちんとした回線使用は信頼性があるのです。クイック光はプロバイダ事業所とフレッツ光の通信回線が...
Drive光とは?Drive光は、NTTの回線を利用している光コラボレーションで、利用しただけ代金を払う通信量制が選ぶことができる。Drive光はNTTフレッツの通信回線による光コラボの通信回線会社になります。この度Drive光をチェックするにあたってウェブ上の測定値のクチコミをまとめてみることにしました。そんなんでですが、ぶっちゃけさほど好評でありませんでした。実用者がどの時間帯と場所できっちりと記載されていることはありませんのでハッキリと言えませんが、光通信回線だと明らかにコア会社のジャンルだし、受けは低い方です。仮に使うのであれば、IPV6接続が毎月200円で使用できるのでこれを付ける事...
NTT東日本、西日本のフレッツ光に入会しているユーザーは多いです。そのうちSo-net光コラボよく言うSo-net光コラボレーションの転用に登録しようと悩んでいるユーザーはかなりおられると思われます。仮に、あなた自身がSo-net光コラボの転用の申し込みを検討しているというのなら『少し待機してください!』So-net光コラボにはちょっと見で気付きづらいぞっとするネックがあるかもしれない。何を隠そう私にしてもフレッツ光回線を利用しております。また、So-net光コラボの申し込みを検討してみたのです。やっぱ、せっかくならフレッツ光よりレンタル料金のお手頃なSo-net光コラボにリニューアルした方が...
DTI光はフレッツ光の通信回線を転用して、DTIが管理する光通信回線となります。NTT東日本・西日本の「光アクセス通信回線」と「ウェブ連動フォロー」を一式にすえて、DTIが一元で授与する光コラボ型のプランです。交信スピードは最高で1Gbpsで、フレッツであったりこのごろ主流の他通信回線とは完全に一緒。ハイビジョン動画や高音質音楽もサクサクとスムーズに使うことができます。★★速い!!★★上り下り最高1Gbpsのハイスピード情報サービスを使えます。★★おトク★★通信回線レンタル料金とプロバイダー賃料が合わせて安価になったのです。★★かんたん★★フレッツ通信回線を申し込んでいると工事いらず。ご注文よ...